実験してみた!楽天ソーシャルニュースのSEOとアクセスアップ効果!

はてなブックマークやFacebook、ツイッターなど様々な媒体に掲載されれば、
その分、自分のブログが人の目に触れる機会が増えアクセスアップも見込めます。

中でも楽天ソーシャルニュースはよくSEO効果が高いと言われていますが、
実際どうなのでしょう。

当ブログで実験してみました。

楽天ソーシャルニュースでの実験とは?

当ブログのある記事を楽天ソーシャルニュースに投稿してみて、
その後の検索エンジンの表示順位をおってみました。

当ブログは開設から現在3週間目です。

実験当時はブログ開設2週間目。

この状態でどんな結果が出るのかという実験になります。

楽天ソーシャルニュースはSEOに効果あり?

楽天ソーシャルニュースに自分の記事を投稿し、その結果アクセスアップにつながる。
これは現在でも有効なのでしょうか。

確かにはてブやFacebookなどで拡散される一気にバズります。

ただ、楽天ソーシャルニュースではそこまで一気にアクセスが上がったという経験は、
私にはありませんでした。

ただ、現在現在しているアドセンスブログはすべての記事を
楽天ソーシャルニュースに投稿しています。

その結果なのかはわかりませんが、
その中の一つのブログが現在20万pvのブログに成長しました。

記事を楽天ソーシャルニュースに投稿してみた

今までアドセンスブログについてはこうした実験はしてきませんでしたので、
実際のところ効果があるのかは把握していませんでした。

というわけで、今回投稿した記事は

safariのITP機能、アフィリエイトやアドセンスへの影響は?

↑これになります。

この記事を

「ITP アフィリエイト」というキーワードで検索検証

していきたいと思います。

投稿6時間後

キャプチャを忘れてしまったのですが、
このときはまだインデックスすらされていませんでした。

開設2週間のブログなので当然ですね。

投稿12時間後

もちろんインデックスされていません。

ここで楽天ソーシャルニュースに投稿します。

投稿16時間後

インデックスされていました。

しかも検索順位3位に入っています。

上位表示の要因としては、ライバル皆無の記事だったということが考えられます。

ただ、開設間もない記事がインデックスされたということは、
楽天ソーシャルニュースの力だということでしょう。

実際、他に15記事ほどあブログに投稿していましたが、
まだ2,3記事しかインデックスされていませんでした。

それらを追い越してこの記事が先にインデックスされたということになります。

投稿5日後、タイトルを変更してみる

それから5日間、検索順位1~3位をゆらゆらとしていました。

ここで、記事のタイトルを変更してみました。

「10/28追記:」←これを追加して放っておきました。

タイトル変更から2時間後

検索エンジン上のタイトルは変わっていません。
クローラーが巡回してこないのでしょうか。

ということで、楽天ソーシャルニュースにもう一度投稿してみました。

よく見ると、5位のところにいますね。(笑)

タイトル変更から3時間後

なぜか、「safariのITP機能---」
後ろ半分が表示されなくなってるww

ここから1日間ずっとこの表示のままでした。

しかし、多分クローラーは巡回したということでしょう。

なぜかと考えてみて、
もしかすると記号が多いのかな?と思いつきました。

10/28追記safariのITP機能アフィリエイトやアドセンスへの影響は

/:、←3つも使っているので、この区切り目でざっくり表示されなくなったのかな、と想像。

というわけで、もう一度タイトル変更。

10/28追記:safariITP機能のアフィリエイトやアドセンスへの影響は

、→「の」に変更してみました。

さらなるタイトル変更から1日後

やっと正常にインデックスされていました。

結論

検索順位の影響はライバルサイトの有無によるけども、

クローラーの巡回頻度、インデックスの速度に関してはかなり影響する。

ということがわかりました。

つまり、アクセスアップに直接は関わりないけど、
開設したてのブログはインデックスを早めるためにもやったほうがいいということです。

逆に言うなら、ある程度運営歴の長いサイトならそこまで重要ではないということなのかな。

これって不自然なリンクではないの?

ただ、これって被リンクを送るってことですよね?
Googleは不自然なリンクを嫌っているのでは?

と疑問に感じてしまいます。

  • 中身の薄いサイトからリンクを貰うこと
  • 自作自演の被リンクを行うこと

これは不自然な被リンクとしてGoogleからは敬遠されています。

これが発覚すれば、そのサイトの順位は著しく下がります。

逆に有用なコンテンツとして評価され、自然なリンクが色々なところから貰えれば
そのサイトの順位は上位に来るでしょう。

Google自体のアルゴリズムも
「日本語検索の品質向上に向けて」
という記事を2017年2月に公開しています。

つまり、定めたターゲットに対して感謝されるような記事を書いていれば
自然と上位表示されるということでしょう。

実際私自身のブログも今年に入って一気にアクセスアップしました。

では、楽天ソーシャルニュースは不自然な被リンクになるのか?

これについては、

有用なリンク
不自然なリンク

どちらでもない、と言った感じでしょう。

楽天ソーシャルニュース自体規模の大きいサイトですし、
本来、色々な記事を掲載するためのサイトです。

そうした性質上、特にリンクとしては問題がないのでしょうし、
これによって一気にアクセスがアップするというわけでもないです。

まあ、上の実験ではデータが少ないですね。

インデックスを早めるということは分かっても、
今回はライバルの少ないテーマでやってしまったため、アクセスアップについては確証がありません。

まとめ

楽天ソーシャルニュースは実験の結果、
インデックスを早めると言う点ではSEO効果はあります。

ただ、アクセスアップについてはなんと言えません。

結局は質の高いコンテンツを生み出していきさえすれば、
良質なリンクももらえるでしょうし、
Googleからの評価も上がることでしょう。

ブログを初めたばかりの頃ならやる価値はあるかと思います。

それでは。

役に立つ記事は以下のボタンでシェアをお願いします!

コメントを残す